スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

法人と個人の支出を1円も変えずに社会保険料だけ劇的に削減する方法




法人と個人の支出を1円も変えずに社会保険料だけ劇的に削減する方法

今からご紹介するのはオーナー経営者の社会保険料を「ガツン!」と削減するスキームです。これはオーナー経営者なら間違いなく「何それ?詳しく聞かせてよ!」と“前のめり”になるようなお話です。なぜなら、このスキームは次の7つのメリットをお約束するものだからです。

■オーナー企業なら即実践可能です
⇒ 決算月などに影響されず、すぐにでも実行可能なスキームです。

■面倒な手続き一切ありません
⇒ 法定帳簿の記載方法を変えて届け出るだけです。

■法人の財務状況も一切関係なし
⇒ 赤字でも黒字でも効果の出るスキームです。

■合法プランです
⇒ 社会保険事務所に確認を取っております。(※税務署は関係なし)

■削減効果が大きい
⇒ 人によっては数年で8桁の手元キャッシュ増加が可能です。

■役員報酬の改訂も必要なし
⇒ 年収を変えず法人と社長個人の社会保険料だけを削減するスキームです。

■法人と個人の支出を1円も変えることはありません
⇒ 導入にあたっての追加支出はありません。

長引く不況の中、多くの中小企業が少しでもキャッシュアウトを抑えようと「経費削減」の努力を続けています。ところが、社会保険料の「削減」となると、知識不足で具体的な対策を講じないまま、義務感のみで支払い続けている企業が多いのではないでしょうか。

しかし、現状で社会保険料には労使合計で28.097%もの負担割合が課されています。この数値は場合によっては税負担以上でしょう。さらに、法人税は赤字ならば課税対象外になりますが、社会保険料は利益とは関係なく、たとえ赤字でも負担しなければならない制度です。

加えて、今後、社会保険料は毎年アップし続けます。平成29年度まで「毎年」です。つまり、このまま何の対策も講じなければ、仮に売上がこれまでと同じでも、残る利益の額は年々逓減し続けてしまうのです。これでは日頃の経営努力も報われません。

従って、中小企業では会社経営のキャッシュフロー改善のためにも、できるだけ早い段階で、社会保険料対策を行うことが急務といえるのです。

レポートをお読みいただき、社会保険料だけガツンと削減していただければと思います。
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんばんは

ランキングから遊びに来ました
表題が気になりワクワク拝見しちゃいます。

勉強になります。
有難うございます。
また来ます

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク

麻雀好き集まれ!
本物の麻雀対決がココにある!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。