スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

車の経費を半分にする方法【自分でできる車検の手順マニュアル】




車の経費を半分にする方法【自分でできる車検の手順マニュアル】

あなたは、車をお持ちですか?もしお持ちで、車に関する経費を節約したい・・・

そうお思いでしたら、この先をお読みいただければと思います。



車の経費といえば、ガソリン代の節約くらいしか頭に思い浮かべることができない方が多いですが、あなたはいかがですか?

今日はあなたの車に関する経費を劇的に削減する方法をお伝えします。

例えば5万円節約することができたら、それは5万円収入を上げた、ということになります。

2時間でそれが可能になるとしたら、時給25,000です。

これからはなすことをご参考にして、これから話すアイデアを是非検討してみてくださいね。

車にかかる経費はどれくらいなのか?あなたは計算したことがありますか?

項目だけ上げても、

・自動車税

・車検と関連費用

・定期点検

・エンジンオイル

・ガソリン代

・・・

ほかにもありますが、たくさんあります。



中でも大きな金額はというと車検費用です。大きいだけでなく、依頼する場所ややり方によって大きな違いがあるのです。



ディーラーに依頼する

整備工場に依頼する

車検専門店に依頼する

ユーザー車検で自分で車検場に持ち込む

この4通りがありますが、それぞれ大きく金額が違うのです。



どれだけ違うのかというと・・・

車検の費用を分解すると、

車検基本料と法定費用に分かれます。





★車検基本料というのは、

「24ヶ月点検整備検査代」や「代行手数料や代書費用など」をいいます。



★法定費用というのは、いわゆる「税金」です。

税金とは

・自動車重量税

・自賠責保険料

・印紙代

をさします。



どれくらいのお金が掛かっているのか?というと、、、下記の表をご覧下さい。





※28年10月現在の情報です。金額は変化することがありますので、ご注意ください。



これらは、法律で決まっています。ですので、基本的に金額は変わりません。



ということは何が車検の金額を変えているのか?

それは・・・?
続きはレポートにて解説します。
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク

麻雀好き集まれ!
本物の麻雀対決がココにある!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。